外壁塗装の塗料について説明します。

自社の塗料へのこだわり・考え方「身土不二・地産地消」

 にこにこリフォームで使用する塗料は、地域の気候にあった塗料を選んでいます。なぜなら、長持ちするからです。具体例で言うと、アメリカやオーストラリアでは、必ず国産の塗料を使用します。その理由は、気候が乾燥した地域であり、乾燥に強い塗料でないとすぐに劣化してしまうからです。その乾燥に強い塗料というのが、その地元で作られた塗料なのです。つまり、地域で作られた塗料というのは、環境を理解しているからこそ、その地で一番長持ちする塗料を開発することができるというしくみです。

 これらのことを、兵庫県で考えた時に、一番地域にあって長持ちする塗料と言うのは、”関西ペイント”になります。だから当店では、基本的に関西ペイントの塗料を基本としています。ただし、創業25年間の経験の中で、部分的に関西ペイントよりも優れている塗料はあります。それらは、適材適所で活用し、”長持ちする塗装”と言う点を一番大事しています。

1.塗料の種類

外壁塗装の塗料には、大きく分けて2種類の塗料があります。『下塗り塗料』と『上塗り塗料』です。

下塗り塗料について

 下塗り塗料とは、読んで字のごとく「下塗り」のための塗料です。「3度塗り」という工程の中で1番最初に活用する塗料です。
 ところが、一概に「下塗り」と言っても、いろいろな壁材がありますので、それぞれに合わせた「下塗り塗料」があるのです。そして、その上、痛み具合に合わせても若干、使い分けたりします。

サイディング壁に使用する下塗り塗料

良く見る外壁ですね!
関西ペイント/カチオンシーラーです。

 外壁サイデイング壁とは、窯業系と鋼板系があります。一般的には、窯業系が多く日本のサイディング住宅の7割は窯業系サイディングです。
 施工時の注意点としては、下塗り塗料が外壁への吸い込みにくい分、たっぷり塗ります。この時に垂らさないようしていきます。使用塗料シーラ(乳白色の塗料)とフィーラ(白い塗料)使用します。外壁の劣化に応じて下塗り塗料も使いわけます。

モルタル壁に使用する下塗り塗料

モルタルはサイディング壁の次に多い壁材です。
関西ペイント/アレスダイナミックフィラーです。

 モルタル壁は大きく分けて 吹付タイル リシン スタッコ と呼ばれる仕上げがあります。
 施工時の注意店としては吸い込むが大きいので垂れるぐらいたっぷり塗ります。目地のシーリングが必要です。

ALC壁に使用する下塗り塗料

ALCは見た目では分かりにくい壁材です。
関西ペイント/アレスダイナミックフィラーです。

 ALC壁には大きく分けて 吹付タイル リシン スタッコ 描き落としと呼ばれる仕上げがあります。
 施工時の注意店としては吸い込みが激しい分たっぷり塗ることが大事です。また、築年数の劣化状態によっては、下塗りを2回塗る場合もあります。

金属壁に使用する下塗り塗料

見た目がかっこいい壁です。
関西ペイント/ザウルスEXです。

 金属壁にはガルバリウムや板金などの外壁があります。
 施工時の注意点として、下地に下塗り塗料がしみ込むように、入念に塗装を行って行きます。この時に垂らさないように塗ることが重要です。下塗り塗料は付着性の強い溶剤系エポキシ樹脂塗料を使用します。

木部に使用する下塗り塗料

昔も今も人気な壁です。
木部なら、キシラデコール! ヒロミさんCMしているだけありますね。

 木部の場合は塗料の種類も2つに分かれます。
1つは吸い込む塗料(防腐剤入りの着色塗料):艶がなく木部の素材のままをいかします。
2つは吸い込まない塗膜を作る塗料(塗膜を形成し保護します):一般にペンキと呼ばれ色はどんな色も塗れます。

 木部の場合下塗り塗料は吸い込まない塗膜を塗る時に吸い込み止めとして使用します。基本的に木部はたっぷりしっかり塗ります。  

上塗り塗料

 にこにこリフォームでは上塗り塗料は基本的には10年以上は持つ塗料のみ使用しております。耐候性が長持ちするほど値段も高くなりますが保証期間も伸びます。
 さらに塗料によって、仕上がりが変わったりしますので、詳しくはにこにこスタッフにお聞きください。

シリコン塗料

 いわずと知れた人気塗料がシリコン塗料です。塗装業界でも全体の70%程度はいまだにシリコン塗料が現状であり、にこにこリフォームでもお選びいただくお客様が多いのが現状です。
 特にシリコン塗料の人気は、シリコン系樹脂という安定的な性質の樹脂が特徴であること、適度な耐候性やつや光沢感が高級感があるということ。予算もお手頃であることなどから根強い人気です。

関西ペイント/アレスダイナミックTOP

フッ素系

 にこにこリフォームが使用しているフッ素は4Fフッ素で原材料から仕入れて精度の高い樹脂をまずはじめに製造をしている点が違います。そのため、耐候性も優れておりフッ素樹脂塗料でも最高品質の塗料です。

プレミアムペイント/SHANGRI-LA

無機・ハイブリッド系

 無機と有機のハイブリット技術 ラジカル制御技術 ダイナミックレンジ結合技術で超耐候性の塗料です。今ある塗料では一番高価で耐候性の高い塗料。15年以上の超耐候性の塗料を使用しております。

関西ペイント/アレスダイナミックMUKI

遮熱・断熱塗料

 にこにこリフォームでお勧めをしている塗料の中でも一番のお勧めは宇宙技術を活かした超遮熱断熱塗料ガイナです。
 外壁・屋根に塗料を塗ると夏は涼しく、冬は暖かくなります。お客さまの声も沢山頂いており、本当に塗るだけ効果を発揮する夢の塗料ですよ。しかし、欠点を言うとがあって、一点目は”艶消し”しかないため、光沢のある住宅にしたい!と言う方にはおすすめできません。それでも、ガイナは断熱の優れているのでとても人気の塗料です。ガイナを塗りたい方は事前に塗ったお家を見て頂き決めて頂くようにしておりますのでご安心くださいね。

日進産業/GAINA

無料お見積は、今すぐお電話を!
error: Content is protected !!