外壁塗装の必要性について

今回は、外壁塗装の必要性についてご紹介します。

下塗りフィラーを塗っています。

なぜ外壁塗装が必要なのか?

①外壁の保護

建物は年月と共に劣化していきます。雨や風、太陽の紫外線、排気ガス、沿岸地域では潮風による塩害などからも保護します。これらの脅威から建物を守るために塗装をします。

②見た目の美しさ

色が落ちた外壁を新築のように元通りに綺麗にしたい。色を変えたい、光沢を出したいなど見た目の美しさのために塗装をします。

③資産価値の維持

外壁(屋根)塗装によるお住まいのメンテナンスは長く快適に住み続けられるだけでなく、資産価値の維持にも大きな意味があります。

④【特別な機能】

特別な機能を与える。夏の暑さ対策に遮熱 冬の寒さ対策に断熱 節電の為に耐熱性や熱反射性を持たせたい。火災ダメージを防ぐために防火性を持たしたい。大通りに面しているから防音性を持たせたい。といった機能性のある塗料もあります。

外壁塗装をしないとどうなるか?

 次に、外壁塗装をしないとどのように劣化してしまうのか以下にて解説いたします。

カビやコケが発生する

カビコケなどで汚れがめだってきます。

チョーキング現象が起きる

チョーキング 手に白い粉がつきます。防水効果がなくなってきています。

色あせが発生する

屋根は太陽光や雨 雪 雹 台風の影響をもろに受けるので劣化します。そのため 色褪せ コケ カビが起こります。

ひび割れが起きる

クラック ひび割れ

外壁や屋根は、常に雨風や太陽光にさらされています。徐々に汚れ劣化や色あせ、カビコケ ヒビ割れクラックなどが進行していきます。(時には台風などにより一部が破損してしまうこともあります)

 外壁(屋根)塗装はそうした自然環境からお住まいを守り、資産価値を維持する為に欠かせないメンテナンスと言えます。

外壁塗装に必要なタイミング。

一般住宅では、5〜15年前後で塗り替えのタイミングを迎えます。
腐食が進めば進むほどリフォーム費用は余計に掛かることがありますので、屋根・外壁塗装は塗膜の持つ機能が低下したのを確認出来た時点がおおよその目安になります。

また、塗料の種類により、耐用年数は異なります。一般的には、アクリル塗装は3~8年、ウレタン塗料は5~10年、シリコン塗料は8~15年、ラジカル制御型塗料は12~15年、・フッ素系・は12~20年、無機塗料は15~25年と言われています。訪問販売の営業が頻繁にきましたら塗装工事のタイミングとも言えます。

外壁塗装工事は事前に知っておくべきことがいくつかありますので、他のコラムも是非、お読みください。また、直接おたずね下さっても構いませんのでお気軽にご来店、ご連絡下さいね。

無料お見積は、今すぐお電話を!
error: Content is protected !!