必見!外壁塗装で人気色のイエローでおしゃれな家に仕上げるポイント

イエローの特徴とは?

基本色名の一つであり、色の三原色の一つ。
ヒマワリの花弁のような色。
暖色の一つ。
波長570〜585nmの単色光は黄色であり、長波長側は橙色に、短波長側は黄緑色に近付く。

ここでは、イエローの特徴とおしゃれに仕上げるポイントをご説明させていただきます。

【近似色】

■ライムイエロー(lime yellow):やわらかい黃、ライムまたは西洋菩提樹の色
■シャルトルーズイエロー(chartreuse yellow):鮮やかな黄緑、フランスの修道院に由来
■ゴールデンイエロー(golden yellow):強い赤みの黃、ゴールドの印象を与える黄色
■サルファーイエロー(sulphur yellow):明るい緑みの黃、サルファー=硫黄の色
■クロムイエロー(chrome yellow):明るい黄、クロム酸鉛が主成分の顔料の色
■カドミウムイエロー(cadmium yellow):鮮やかな緑みの黃、カドミウムが原料の顔料の色
■ネープルスイエロー(naples yellow):強い黃、イタリアの都市ナポリに由来
■ジョンブリアン(jaune brillant):鮮やかな黃、フランス語で「輝く黄色」という意味
■カナリーイエロー(canary yellow):明るい緑みの黃、カナリアの羽の色
■メイズ(maize):強い黃、トウモロコシの色
■レモンイエロー(lemon yellow):鮮やかな緑みの黃、レモンの実のような色
■ハニー(honey):濃い黃、蜂蜜のような色
■クリームイエロー(cream yellow):ごく薄い黃、カスタードクリームの色
■マスタード(mustard):くすんだ黃、マスタード(洋ガラシ)の色
■サフランイエロー(saffron yellow):明るい黃、サフランの雌しべの色
■ストローイエロー(straw yellow):強い黃、ストロー=麦わらの色
■サンフラワー(sunflower):明るい黄、ひまわりの花の色
■ブロンド(blond):柔らかい黃、金髪のような柔らかい黄色

イエローは、太陽の光、希望と知性を照らす色です。
自然光に最も近しい色で、古代のエジプトやマヤ文明では、太陽の色として大切にされていました。
暗闇を照らす太陽の様に、人々に勇気や希望を与え、明るい感情を生み出す色です。

また、イエローは左脳を刺激し、知性と判断力を高めます。
朝起床し、カーテンを開け、明るい日差しを浴びた時の様に、リフレッシュ、リチャージするイメージです。

イエローにも様々な色合いがある

長く、快適に住み続けられる家にするためには、周囲の景観に調和するような外壁の色にすることも大切です。

そういった面で、イエローはイエローでもビビットにすると、建築様式や、相性の良い屋根の色などが限られてくる上、汚れが目立ちやすくなるということがあります。

但し、ビビットイエローの色は、レンガやタイルなどとは同調し、欧米風の家には比較的合います。
一方、和風モダンの家には合わせにくい特性があります。

淡く、落ち着いた色合いのイエローであれば、目立ち過ぎることはありません。

周囲に溶け込み易い色は、パステル系のイエロー、クリーム、ベージュに近い淡いイエローです。

アイボリーやベージュに近い黄色のお色味であれば、明るく、清潔感のある、爽やかな印象の外壁になります。また、枯草色や練り色を選べば、落ち着いた印象の外壁になります。

和風モダンにされたい場合は、菜種色、かりやす色、からし色などを用いることで、和風の雰囲気が感じられ、おすすめです。

明るく、爽やかな印象を与える

外壁に、ブラックやブラウンを選択すればモダンな印象を与え、高級感や落ち着いた印象を与えますが、曇りや雨の天候によっては、重たく見えてしまうことがあります。

イエローは、基本的に爽やかで明るい印象を与え、清潔感があります。
見ているだけで、明るくなるような色だと言えます。

汚れが目立ちにくい

イエローの外壁は、汚れが目立ちにくいです。

イエローは程良く明るく、白色の外壁ほど黒色の汚れは目立ちにくいと言えます。また、逆に黒色の外壁は他の色に比べ、換気扇から排出される汚れ、水滴の汚れが目立ちやすいです。

そのため、頻繁に外壁清掃をするのは面倒、汚れを気にしないで済む色と言えば、イエローがぴったりです。

イエローに合う色をアクセントに入れる

イエローxブラック・・・
明るさ、爽やかさを兼ね備えたイエローとブラックのコンビネーションは、シックでエレガントな仕上がり演出。
ブラックを加えることで、イエローの外壁が引き締まって見える上、落ち着いた印象、高級感を与えます。
両色を原色にすると、奇抜に見えてしまうため、淡いレモンカラーや墨がかったカーボンブラックを選択するのがおすすめです。

イエローxグレー・・・
イエローとの組み合わせでお洒落に見えるツートン外壁は、グレー。
グレーには汚れが目立ちにくく、且つ、イエローと相性が良いという特徴があります。
とりわけ、ベージュ、クリーム系に近い淡いイエローは、グレーと馴染みやすいです。

イエローxブラウン・・・
基本的に、イエローは濃い色と良く合います。
ブラウンと組み合わせることで、デザイン性が高くなり、落ち着いた印象になります。

イエローxスカイブルー・・・
オリジナリティのある外壁に仕上げたければ、スカイブルーを組み合わせて見て下さい。
淡いイエローをベースにしつつ、透明感のあるスカイブルーをプラスすることで、色鮮やかなコントラストが生まれ、優しい印象を与えます。

イエローxホワイト・・・
明るく爽やかなイメージの外壁を演出したいなら、ホワイトとの組み合わせがおすすめ。
フレッシュで、清潔感のある仕上がりになります。
いずれも明るく、面積を広く見せる効果があり、小さい家でも広々とした印象を与えられます。

イエローxオレンジ・・・
イエローと同系色のオレンジを選択することで、優しく、暖かみのある雰囲気になります。
汚れが目立ちにくいところも、ポイントです。

オシャレな家に仕上げるポイント

イエローを選択される場合は、薄めのお色目にされる方が多いです。
その場合、全体的に柔らかくなってしまうため、差し色としてネイビーやグレーを取り入れると締まって見えます。

そこで、イエローでオシャレに仕上げるコツをまとめました。

1 和風、洋風の建物どちらにも同調します!

和風・洋風屋根どちらとも相性が良く、屋根をネイビーやグレーにしてメリハリを持たせることも可能です。縦のラインで分けたり、ツートンにする事で、おしゃれに仕上がります。

ベージュに近いイエローは、優しい印象を与えます。

1階と2階で分ける

屋根をネイビー、グレーに

レンガと組み合わせる

瓦との組み合わせ

ネイビーグレーでシックな装いになります。

何度も出来ない塗装工事です。
兵庫県内でイエロー塗装をお考えなら、
イエロー塗装の専門家にこにこリフォームへお任せください。

無料お見積は、今すぐお電話を!
error: Content is protected !!