西宮市外壁塗装|ナチュラルグリーンで優しい印象のお家に変身しました!

外壁塗装の施工事例をご紹介!

施工前

施工内容内訳
施工場所西宮市名塩南台
工事種類外壁塗装
材質外壁:サイディング 
外壁:37-90D(淡彩色)42-30H(アクセント)
使用した塗料外壁:アレスダイナミックMUKI(無機有機ハイブリッド塗料)
保証外壁:13年保証

施工中

洗浄

まず、塗装の前に高圧洗浄で、コケや汚れ、黒ずみ、旧塗膜等をしっかり落としていきます!高圧洗浄でしっかりと旧塗膜や汚れを落としておくことで、塗料の密着性を良くする効果を発揮できるからです。

外壁洗浄の様子

下塗り

全体をしっかり高圧洗浄したら、1回目の塗装です。下塗り(したぬり)といいます。単層と複層塗料の違いで工程が変わる場合がありますが、原則、下塗り、中塗り、仕上げ塗り(上塗り)の3回です。

外壁下塗りの様子

中塗り

 そして、次は、いよいよ中塗り(なかぬり)です。今回は、お客様が選んでくれた外壁:37-90D(メイン)42-30H(アクセント)色ですね。塗料は関西ペイントのアレスダイナミックMUKIです。最高級無機有機ハイブリッド塗料塗料なので、きれいに仕上がりますね。しかし、傷んだ外壁の場合は、外壁材に吸い込まれていくことも多くあり、たくさんの塗料を使うこともあります。

外壁中塗りの様子

仕上げ塗り(上塗り)

 そして、いよいよ仕上げ塗り(上塗り-うわぬり)です。時には中塗りでしっかりと塗ったのに、経年劣化等により、傷みが激しい場合には、中塗りでもまだ下が透けてしまうこともあります。

にこにこリフォームでは手抜きなし。もう一度、タップリと仕上げ塗りをします。

外壁上塗りの様子

付属部塗装

外壁屋根塗装同様、全体をしっかり高圧洗浄とケレンをしたら、1回目の塗装です。下塗り(したぬり)といいますが鉄部の場合は。さび止めをぬります。外壁塗装同様、原則、下塗り(さび止め)、中塗り、仕上げ塗り(上塗り)の3回です。(下写真)

水切り錆止め塗装の様子
樋中塗りの様子
樋上塗りの様子

シーリング工事

プライマー塗布

専用の接着材を塗布し、密着性を高めます。(下写真)

サッシ廻りプライマー塗布の様子
シーリング材を充填

新しいシーリング材をたっぷりと充填します。

シーリング増し打ち後の様子

そして施工後!きれいになりました!

長年、雨風にあい、傷みがあった外壁も、塗り替えにより、新築を思わせる素敵な印象になりました!

 S様。今回は、当店ではじめての塗装工事でしたが、ご信頼くださり、誠にありがとうございました。
 工事後は「綺麗にしてくれてありがとう!」「頼んで良かった!」と言って頂けてとても嬉しく思いました。
塗装工事業は、塗装をしてからが本当のお付き合いの始まりですので、これからも、何か気になったことが出てきましたらなんなりとご連絡くださいね。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

代表親方 高田一平
営業  山下真央
職長  元山大樹

塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店のにこにこリフォームをお尋ねください。

この施工事例を見た方はこちらも見ています。

無料お見積は、今すぐお電話を!
error: Content is protected !!