外壁アイボリーにグリーンのアクセントが爽やかでおしゃれなお家に仕上がりました!

神戸北区 外壁屋根塗装の施工事例をご紹介! 

施工前

施工内容内訳
施工場所神戸市北区
工事種類外壁塗装・屋根塗装
住宅メーカー
材質外壁:サイディング
屋根:カラーベスト
保証外壁:10年保証
屋根:11年保証
使用した塗料外壁:関西ペイント
アレスダイナミックトップ
屋根:水谷ペイント
パワーフロンマイルド
外壁:メインKP127 
関西ペイントの標準色で、淡彩のブラウンです。
アクセント:KP368 
外壁塗装でアクセントカラーとして使用される色で、淡い緑色です。白と組み合わせると爽やかな印象になります。
屋根:ウェザードグリーン 
落ち着きのあるグリーンの色です。どんな瓦でも馴染みが良い色で、どんな街並みにも溶け込むデザインになっています。

施工中

洗浄

まず、塗装の前に高圧洗浄で、コケや汚れ、黒ずみ、旧塗膜等をしっかり落としていきます!高圧洗浄でしっかりと旧塗膜や汚れを落としておくことで、塗料の密着性を良くする効果を発揮できるからです。外壁屋根が綺麗になっていくに様子は感動の塗り替えリフォームの始まりです。夏はとても楽しい仕事でもありますが、寒い冬は身体もびしょ濡れになり大変な作業でもあります。が職人さんは外壁から屋根にあがり手際よく作業していきます。

外壁洗浄の様子
屋根洗浄の様子

下塗り

全体をしっかり高圧洗浄したら、1回目の塗装です。下塗り(したぬり)といいます。外壁の種類により、下塗り塗料はシーラとフィラーと2種類の下塗り塗料に分かれますが下地材に適した塗料を使用します。原則、下塗り、中塗り、仕上げ塗り(上塗り)をしっかり、たっぷり 3回塗りです。吸い込みが激しい場合は2回塗る時もあります。

外壁下塗りの様子
屋根下塗りの様子

中塗り

 そして、次は、いよいよ中塗り(なかぬり)です。今回は、お客様が選んでくれた外壁メインKP127アクセントKP368ですね。塗料はアレスダイナミックトップです。最高級塗料なので、きれいに仕上がりますね。しかし、傷んだ外壁の場合は、外壁材に吸い込まれていくことも多くあり、規定以上のたくさんの塗料を使うこともあります。綺麗に長持ちするように心込めて塗ります。

外壁中塗りの様子
屋根中塗りの様子

仕上げ塗り(上塗り)

 そして、いよいよ仕上げ塗り(上塗り-うわぬり)です。中塗りの段階でも仕上がっているぐらい綺麗ですが、3回塗る事で塗膜が厚くなり、塗料の性能が100%になります。

にこにこリフォームでは手抜きなし。タップリと仕上げ塗りをします。

外壁上塗りの様子
屋根上塗りの様子

付属部塗装

外壁屋根塗装同様、全体をしっかり高圧洗浄とケレンをしたら、1回目の塗装です。下塗り(したぬり)といいますが鉄部の場合は。さび止めをぬります。外壁塗装同様、原則、下塗り(さび止め)、中塗り、仕上げ塗り(上塗り)の3回です。(下写真)

ケレンの様子

ケレンの様子

付属部錆止め

付属部中塗り

付属部上塗り

付属部塗装完成

シーリング工事

壁と壁のつなぎ目を目地といいます。シーリングが経年劣化によりひび割れ等がみられる場合は補修します。(下写真)

既存シーリング材を撤去

まずは既存のシーリング材を撤去します。(下写真)

プライマー塗布

専用の接着材を塗布し、密着性を高めます。(下写真)

シーリング材を充填

新しいシーリング材をたっぷりと充填します。

シーリング完了

そして施工後!きれいになりました!

 違う角度からもご覧ください!すっかりと、塗装職人の手塗りで綺麗になりました!しかし時には3度塗りでも完成できないこともあります。(業界語では、”止まらない”と言いますが、どんどん外壁材に吸い込まれていく状態です)そんなときは、4度目の塗装をすることがあります。もちろんそれで追加料金を頂くということは御座いません。ご安心を!

長年、雨風にあい、傷みがあった外壁も、塗り替えにより、新築を思わせる素敵な印象になりました!

お客様の声!(施工後の今のお気持ちを教えて)

ご近所の方の勧めです。

すべてをおまかせして直していただいたという安心感で落ち着いています。

神戸市北区 T様・匿名

お客様の声写真

この度は私共に工事をお任せ頂きありがとうございました。工事期間中はいろいろなお気遣いを頂戴し、職人たちも一層にこにこ笑顔で仕事をさせて頂けました。塗装工事は完工してからが本当のお付き合いとなります。お困り事などございましたらお気軽にご連絡下さいませ。 今後とも宜しくお願い致します。」

代表親方 高田一平

塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店のにこにこリフォームをお尋ねください。

この施工事例を見た方はこちらも見ています。

無料お見積は、今すぐお電話を!
error: Content is protected !!