雨漏り修理について

そもそも雨漏り修理とは?

 雨漏り修理とは、天井・壁にシミがついている場合や窓枠や天井の窓から水がポタポタ落ちてくる場合などに行う工事です。

基本的に雨漏りが発生している場合は、緊急性が高く早めの工事が大事です。

また、一言で、雨漏り修理と言っても、雨漏り箇所と原因は様々です。たとえ、部分的な補修を行っても、本当の原因となる箇所の修理を行わなければ、雨漏りが再発してしまうことがよくあります。

そのため雨漏り修理は、専門家によく見てもらい、本当の原因を究明してから、修理することが大事なのです。

雨漏り修理の必要性について

 雨漏り修理の必要性について述べていきます。当店では、以下のチェック項目に当てはまる方は、雨漏り修理が必要と考えております。

チェックリスト

[  ]台風・地震などで天井に穴が開いた。
[  ]天井から水がポタポタと落ちてくる。
[  ]天井にシミが広がっている。
[  ]天井の窓から水がポタポタと落ちてくる。
[  ]壁にシミが広がっている。
[  ]外から見た、ベランダの下部分にシミが広がっている。
[  ]部屋の窓枠から水が浸入してきている。


以上のような、症状が発生している場合は、雨漏り修理が必要です。 調査だけでも、早めに行うことをおすすめします。

雨漏りする場所と原因について

天井のシミ

 天井のシミは、屋根からの雨漏りが原因で起こります。屋根からの雨漏りということは、屋根に何らかの割れや欠けズレが発生し、その隙間から雨が浸入している可能性が高いことが考えられます。この場合は、まず専門家に見てもらいどこが原因なのかを追究してもらうことがよいです。

よくある、雨漏りの原因として、

・瓦屋根の剥がれた部分から雨漏りしていたことが原因だった。
・瓦棟にズレが生じておりその隙間から雨水が浸入したことが雨漏りの原因だった。

屋根の状態にもよりますが、「屋根部分補修工事」「屋根カバー工法」「屋根葺き替え工事」などで雨漏り修理することが可能です。 これにより、天井シミの拡大することを防ぐことができます。

クロスのシミ

 クロスのシミは、屋根からの雨漏り、外壁からのヒビ、外壁のコーキング部分の割れが原因で起こります。クロスシミの場合は天井シミと比べて、考えられる要因が多いため、この場合も、まず専門家に見てもらいどこが原因なのかを究明してもらうことがよいです。

施工方法としては、
原因が屋根だった場合は、「屋根部分補修工事」「屋根カバー工法」「屋根葺き替え工事」などを行います。
原因の外壁だった場合は、「外壁塗装」「シーリング工事」「外壁の張替え工事」などを行います。

原因となる箇所の補修工事を行うことで、クロスシミの拡大を防ぐことができます。

窓枠からの雨漏り

 窓枠から雨漏れする原因は、外壁からのヒビ、外壁と窓のつなぎ目部分による割れが原因で起こります。窓は、雨水が当たりやすく、溝などに水溜まりやすいため傷みが進行しやすい部位でもあります。窓枠から雨漏りしている場合も、まずは専門家に見てもらいどこが原因なのかを究明してもらうことが大切です。

よくある原因としては、
・外壁と窓のつなぎ目部分(コーキング部分)に割れが生じ、そこから雨水が浸入していた。
・雨漏れではなく、結露が原因だった。

状況によって「シーリング工事」「外壁塗装」「外壁の張替え工事」を行うことで雨漏りを防ぐことができます。

天窓周辺のシミ・雨漏り

 天窓周辺のシミ・雨漏りは、天窓周辺のパッキンの劣化、屋根と天窓のつなぎ目部分の劣化が原因で起こります。天窓も、雨水が当たりやすく、日差しによりつなぎ目部分(コーキング部分)の劣化がしやすく傷みが進行しやすい部位でもあります。

施工方法は、
天窓周辺のシミ・雨漏れの場合は、パッキンの交換、シーリングの充填、あるいは天窓の交換を行います。

ただし、天窓はどうしても傷みが進行しやすい部位ですので、定期的なメンテナンスが重要です。

ベランダ下部分のシミ

 ベランダ下部分のシミの原因は、ベランダ床のひび割れ、ベランダ笠木の経年劣化、排水溝の詰まりや割れ などからの雨漏りが原因で起こります。ベランダ下部分のシミは、考えられる原因が多いため、まずは専門家に見てもらうことが良いです。

雨漏りの原因によって工事を行って行きますが、
ベランダ床のひび割れが原因だった場合は、ベランダ防水工事。
ベランダ笠木の経年劣化が原因だった場合は、コーキング工事。
排水溝の詰まり・割れが原因だった場合は、排水口の掃除、排水口ドレンの改修工事。

原因によってそれぞれ違う工事を行っていきます。 これによりベランダ下部分のシミは解消できます。

雨漏りの応急処置方法

 雨漏りしている時点でどの工事も緊急性が高いと言えますが、屋根や壁に穴が開いてしまっては、第一に応急処置を行わなければなりません。ただし、注意していただきたいのは、自分では絶対にやらないことです。なぜなら、屋根の上は本当に危ないからです。ですので、あなたの屋根に万が一のことがありましたら、 私たちに言ってください。

応急処置方法

・シートを被せる・・・屋根に大きな穴が開いており、材料が届くまでの間の応急処置。
・コーキング修理・・・つなぎ目部分や小さな穴などから雨水が浸入してきている場合の応急処置。
・防水テープ  ・・・つなぎ目部分や小さな穴などから雨水が浸入してきている場合の応急処置。

雨漏りではないケース

 ここまで、雨漏りの原因についてご紹介しましたが、雨漏りとよく間違われる症状があります。
それは、「結露」「雨樋の破損」「雨樋のオーバーフロー」「ベランダ排水溝のオーバーフロー」「漏水」「水道の配管の水漏れ」 。これらは雨漏りではないです。ただし、原因を追究することで分かることですので、不安を感じたらまずはお声がけください。

今すぐお電話をする
error: Content is protected !!